楽しい人生の送り方

現在自由を求めて人生の旅をしています。

うつ病やパニック障害精神疾患の人が持っている悩み体験談2

f:id:yotty1975:20170216141037p:plain

こんにちは。今日はうつ病精神疾患を持っている人の悩みを書いていこうと思います。

うつ病パニック障害精神疾患を持っている人は、かなりの部分で日常生活に支障を

きたしています、自分の場合も含めてですが、普通の人に比べて出来ない事が多すぎます。

例えば、電車に乗れない、広い場所に行けない、美容室や床屋さんに行けない、飛行機

も乗れない、スーパーマーケットに買い物に行けない、高速道路にも乗れない、

車の運転も出来ない人もいる、個人によって違いはありますが、まだまだ沢山あります。

結構、人が沢山居る所や、自分の体が拘束されるような状況がダメみたいですね。

中には、頑張ってその様な場所や行動を自らして、自分を強くして病気と闘う人もいます。

一応治療法としてその様な方法もあります。

ですが、その様な治療法は大変辛いですね、何故かというとその様な行動をすると発作が

起こることがありますし、発作が起きなくても、予期不安で手、足に汗をかいたり、

大変しんどい状況になります、ですが、死ぬ訳ではないので、ほんとは大丈夫なんです。

ですが、自分もそうですが、とてもしんどいですね。

予期不安と言うのはその様な状況で起きた発作で死んでしまうのかとか、倒れてしまうのか

など、自分が思う事が予期不安を自分の頭の記憶に呼び込んでしまうのです、

その様な経験を進んでやる事で、自分の記憶の中に、結局大丈夫なんだ、なにも起きない

という事を、理解させるというか、脳に覚えさせる事で症状が改善する事があります

メンタル面の治療法ですね。自分もいつも、何かするとき、予期不安で大変です。

ですが、担当医の先生に言われた言葉で少し気持ちが楽になりました。その言葉は

人間はそんなに簡単に死なないよです。

だいぶ救われました、うつ病精神疾患の方に、頑張れ、は言ってはいけない言葉です。

なぜかというと、プレッシャーになりストレスを与えるからです。

ですが、自分が思うに確かに、ストレスやプレッシャーから解放されて、治療に専念

すればいいですが、自分を強くすること、メンタルを鍛える事にほんの少しだけ

頑張りましょう。何が怖いですか?どれだけ寂しい思いしましたか?どれだけ辛いですか?

ですが、人間はそんなに簡単には死にません、同じ思いをしている仲間も沢山いますよ。

少しだけでいいですから、頑張りましょうね。

人間いつか死にます、自殺とか考えないでね。一人じゃないから。少なくとも自分は味方です。

あと、一番辛いのが、普通に仕事が出来ない事と病気を理解してくれない人

が居る事ですね。

よく言われるのが、怠けてるだけなんじゃないのとか?、仕事が嫌いなだけじゃないのとか?

ホントに病気なの?とか言われることがあります、正直神経系の病気の人は、見た目は普通

の人と変わりませんので、その様に言われる事がよくあります。

ですが、自分が思うに一番言ってはいけない言葉でわないかと思います、心が一番傷つきます。

このブログは普通の人も見ているかもしれませんので、その人達にも伝えたいです。

うつ病パニック障害精神疾患の人たちは、普通に仕事している人や普通に生活出来る人が

羨ましいです、自分も思っていますが、皆普通に仕事したいのです、普通に生活したいのです

普通に生きたいのです、皆心からそれを願っています。

ですので、その様な神経疾患を持っている人を理解して下さい、身体障害者の方にも同じです。

理解して、その人の立場になって優しく接してあげてください。

そんな人達が日本に沢山増えてほしいと願っています、人に優しくすれば、自分にもきっと

何かいいことが返ってきます。

このブログ沢山の人達に伝えたいです、うつ病などの精神疾患が日本で増えているので

初期症状の人や現在苦しんでいる人健常者の人にも知ってほしいのです。

このブログを読んで共感してくれる方、ツイッターフェイスブックなどでシェアーして

くださいね。お願いします。