読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい人生の送り方

現在自由を求めて人生の旅をしています。

うつ病やパニック障害精神疾患などの症状に悩んでいる方に。体験談

f:id:yotty1975:20170210153735g:plain

こんにちわ。今日は自分が体験している、うつ病パニック障害についての

対処法やこの病気になった経緯を書こうと思います。

まず、自分が思う病気になりやすい性格です。

A型で完璧主義、責任感が強い、仕事で重要なポストについている
個人事業主、ですね。常にストレスにさらされている人です。

自分も個人事業主でした。

始めは、きずきずらいのがこの病気の質が悪いところです。

自分の場合は最初に息苦しさというか、喉の違和感でした

始めはあまり気にしなかったのですが、それが数か月続くのです

段々心配になります、ですがまだ医者には行きませんでした。

次は胸の痛みや、背中の痛み、首や肩のコリです、ですがまだうつ病だと

きずきませんので整体や整形外科に行き対処していましたが、たいしたことないと

いわれていました、自分は肉体労働でしたので、体を使っているからしょうがない

と思っていましたが、それが間違いでした、これまでの症状がすべてうつ病

初期症状だったのです。はっきり言ってこの時点で毎日がかなりつらいです。

ですが、まだうつ病だと本人はきずいていません、ある夜鼓動が半端じゃなく

早くなりました、正直恐怖を感じました、自分はこのまま死ぬのかと思いすぐに

救急車をよび病院に搬送されて、点滴をされて数時間後収まりました、医者に聞くと

たいしたことないと、よくある軽い発作的なものなので、気にしなくていいと言われました

ですが、これからがさらに辛い日々の始まりです、頻繁に心臓に違和感があり、

その都度、また救急車騒ぎになるのか、それとも、今度こそ死ぬのか、など

恐怖心や不安感との戦いです、なんにもしていない時もいきなり緊張感に襲われたり

不安感と緊張感に同時の襲われたりひどいときは、手足が痺れて、立っていられなくなる

などの症状になりました、医者も沢山の種類専門医にかかりました、費用も月に

10万とか、かかりました、言われていたのが、自律神経失調症や不安神経症などです

この頃になると、仕事はもう続けていけないので、一番仕事が出来る社員に任せて

辞めました、辞めてからも医者通いで近くに石原裕次郎を最後まで診察していた医者

が、数人いたのですが、そのうちの一人の人が病院を開設していると聞いて、すぐに

行きました、そこで診てもらい、結果紹介状を書いてもらいい、専門の医者に行きました

そこで、初めてうつ病パニック障害だと診断されました、病名がやっとわかりました

長かったですし不安だったし大変でした。治ったわけではないですが、少し楽になりました。

今は、うつ病の治療に専念しています。

人間はどこか調子が悪くなり、原因がわからないと、凄く不安になります、それが自分の

様に神経内科系の病気だと病名がわかるまでの心労やストレスが病気を悪化させてしまいます

もし、このブログを見て症状に似たところがあれば、神経系の病気を疑って下さい。

なるべく早く自分の病名を確定させて、治療に専念してください。遠回りして病気を悪化させないように

是非このブログが皆さんの参考になれば嬉しいです。

神経系の病気は、酷くなれば、医者が出す薬は症状を抑えるのに必要ですが、初期の段階なら

メンタル面のケアや生活習慣を変えることで治す事も出来ます。

自分はきずくのが遅かったので、今もうつ病と闘っていますが、うちの母親は初期の段階で治しました

そんなに酷い症状じゃなければ、サプリメントなどもゆうこうです、自分や母親が飲んでいた、

お勧めサプリメントを紹介しときます。ちなみに安すぎるサプリメントはほとんど効きません。

うつ病などの症状で悩んでいる方対処法や気持ちの持ち方など、質問あれば自分が答えられる

限りお答えしますので、コメントしてくださいね。








BRエナジーという商品です。
上のバナーの三つが経験上お勧めです、自分に合いそうなサプリメントを試してくださいね。クリックすれば詳細がわかります。

サプリメントと自分のメンタルを武器にして病気と闘ってください。メンタル大事ですよ。

自分の母親は初期の症状の時に、自分を鍛えると言って、富士山登山に挑戦して、頂上まで行ってきました。

そんなこんなで、自力で治しちゃいました、自分の母親ながら関心しました。

数か月、だいたい2か月で症状が改善されないようでしたら、我慢しないで、病院に行きましょう。